ユニバーサルデザインへの取り組み

すべての生徒が学びやすい教科書をめざして カラーユニバーサルデザイン・特別支援教育に対応した三省堂の教科書づくり

ご専門の先生がたにご校閲いただきました

カラーユニバーサルデザイン校閲

【国語・書写・英語】

溝上陽子(みぞかみ ようこ)先生 

教科書は子どもたちが毎日使うものです。 わかりにくさによる小さな突っかかりがないこと, 見えにくさによる学習の遅れを生じさせないこと, だれにとってもできるだけ負荷のかからない, 少しでも学びやすい工夫が必要です。新しい教科書は製作過程に応じて複数回校閲し, より見えやすい紙面を追求しました。

プロフィール:
千葉大学大学院融合科学研究科准教授。専門は視覚情報処理, 視覚心理物理学,色覚など。ネバダ大学リノ校心理学科ポストドクトラル・フェロー, 千葉大学工学部助手を経て現職。

特別支援教育校閲

【英語】

安藤正紀(あんどう まさき)先生 

個に応じた指導ができ, 読みやすく, 認識しやすく, 見通しを持って学べる教科書は, 学習に配慮を必要とする子どもたちの支援につながります。三省堂の教科書は, 本冊はもちろん, デジタル教材等の教材パッケージで, 一人ひとりの学習の仕方にあった学習方略を提供することができます。一足先をいく教科書です。

プロフィール:
玉川大学教職大学院教授。専門は特別支援教育。 神奈川県内の聾学校・特別支援学校の教諭,教育委員会,特別支援学校の副校長,校長を経て現職。

 

【国語・書写】

国語・書写の特別支援教育校閲については, 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所教育情報
部上席総括研究員(兼)発達障害教育情報センター長笹森洋樹(ささもり ひろき)先生にお願いいたしました。

 

色のほか,形や文字で区別できる技能別アイコン
【英語・全学年】

グラフなどの図形は,色の濃淡や区切れ, 罫線などを工夫して,わかりやすくしています。
【英語・2年 p.92】

色だけの違いに頼らず, 線の形や模様の違いを加えることで, 情報を確実に識別できるようにしています。

【国語・1年 p.33】

記号などは見分けやすい配色を積極的に使用しています。
【書写・p.33】

写真やイラストなどの区切りをわかりやすくデザインしています。

罫線を入れ,本文と単語の欄をはっきりと分けています。
【英語・1 年 pp.100-101】

情報を確認するタイミングを示し, よりスムーズな学習指導に配慮しています。
【国語・3年 p.67】



ふりがなは大きく見やすいフォントを使用。
【英語・2 年 p.100】

拡大教科書の作成

弱視の生徒たちが学びやすい文字サイズやフォント,レイアウトなどに配慮した,よりよい拡大教科書を作成します。

»拡大教科書のご案内へ

 

印刷・製本

目に優しい用紙,過敏な生徒に配慮した植物油インキを使用し,堅牢な製本を行っています。

 

For Self-study(英語)

さまざまな個性に対応できる個に応じた学び方を提案します。   
For Self‒study 【英語・1 年p.123】

デジタル教科書の充実 

  拡大化,焦点化がしやすく, 視覚的にわかりやすいデジタル教材を用意。

»デジタル教科書(国語)のご案内へ

»デジタル教科書(書写)のご案内へ

»デジタル教科書(英語)のご案内へ