平成29年度版 高等学校国語教科書

『高等学校 国語総合』 大学入試を見据え、良質な教材を豊富に収録した分冊型の教科書。

『高等学校国語総合 現代文編』A5判・280ページ 編集代表:中洌正堯・岩﨑昇一 教科書番号:国総336

『高等学校国語総合 古典編』A5判・192ページ 編集代表:中洌正堯・岩﨑昇一 教科書番号:国総337

『高等学校 国語総合』 [改訂版]の特色

◆現代文編 評論は充実の18教材。「〈いま〉を読む」では、現代の諸問題を論じた評論を、小論文課題の形式で収録。読む力とともに、書く力も身につけます。
◆表 現 編 「教室でともに学ぶ」ということを大切にしながら、さまざまな活動をコンパクトにまとめました。
◆古 文 編 中古・中世を中心に、国語総合で読んでおきたいジャンル・作品を網羅して配列。さらに、入試を見据え「評論」も豊富に掲載しました。
◆漢 文 編 段階的な入門教材で漢文を読む力を確実に習得。また、故事・漢詩・史話・思想・文章・小説と、主要なジャンルの定評ある教材をそろえました。

学習指導計画作成のために

●現代文編

シラバス案PDF ワード 一太郎
評価基準例PDF ワード 一太郎
編集の趣旨PDF ワード 一太郎


●古典編

シラバス案PDF ワード 一太郎
評価基準例PDF ワード 一太郎
編集の趣旨PDF ワード 一太郎

生徒用教材

●『高等学校国語総合 現代文編[改訂版]学習課題ノート』

B5判・96ページ ISBN978-4-385-53771-9
定価(本体500円+税)(予定)


●『高等学校国語総合 古典編[改訂版]学習課題ノート』

B5判・96ページ ISBN978-4-385-53772-6
定価(本体500円+税)(予定)


教師用指導書

●『高等学校国語総合 現代文編[改訂版] 指導書』

①指導資料(4分冊)、②教師用教科書、③CD-ROM(教科書原文、構成・内容理解シート、 語句学習シート、評価問題、実力問題、基本テスト、補充教材、発問例、学習課題ノートを収録)、④朗読CD、⑤付属CD-ROM内容紹介


ISBN978-4-385-76192-3

定価 (本体15,000+税)(予定)


●『高等学校国語総合 古典編[改訂版] 指導書』

①指導資料(3分冊)、②教師用教科書、③CD-ROM(教科書原文、構成・内容理解シート、 語句・漢字学習シート、古文品詞分解シート、漢文書き下し文シート、古典口語訳シート、 評価問題、実力問題、基本テスト、補充教材、発問例、学習課題ノート、漢文エディタを収録)、 ④朗読CD、⑤付属CD-ROM内容紹介


ISBN978-4-385-76193-0

定価 (本体11,000+税)(予定)


●『高等学校国語総合 現代文編[改訂版] 教師用教科書』

ISBN978-4-385-76195-4
定価(本体3,000円+税)(予定)

●『高等学校国語総合 古典編[改訂版] 教師用教科書』

ISBN978-4-385-76196-1
定価(本体3,000円+税)(予定)

*教師用教科書は、教科書の紙面に、文章構造や要約、文法事項や 口語訳などを刷り込んだ、簡易版の指導資料です。


●『高等学校国語総合[改訂版] 指導資料PDFファイル版』

ISBN978-4-385-76194-7

定価(本体5,000円+税)(予定)

*指導書の中の「指導資料」(7分冊)の紙面をPDFファイルにしたものです。 「現代文編」「古典編」が両方収録されています。

『高等学校 国語総合 現代文編[改訂版]』 目次   

【現代文編】

一 随想・評論 本を読むと路に迷う

朝吹真理子

『高校国語教育』巻頭エッセイを読む
ありのままの世界は見えない 田中真知
水の東西

山崎正和

二 小説(一) 羅生門 芥川龍之介
 ◎文学の扉 「羅生門」の書き方
予感

青山七恵

『高校国語教育』巻頭エッセイを読む
三 評論(一) ネットが崩す公私の境 黒崎政男
ものとことば 鈴木孝夫
自然をめぐる合意の設計 関礼子
◇〈いま〉を読む 1 子ブタと未来 中村安希
2 生物と無生物のあいだ 福岡伸一
 ◇読解から表現へ1 テーマ型小論文
四 詩歌 甃のうへ 三好達治
死なない蛸 萩原朔太郎
サフラン 新川和江
崖  石垣りん
その子二十――短歌二十一首 与謝野晶子ほか
いくたびも――俳句二十一句 正岡子規ほか
 ◎今日の短歌/今日の俳句
五 小説(二) 灰色の月 志賀直哉
待ち伏せ ティム・オブライエン
村上春樹訳
六 評論(ニ) 余暇について 内山節
「もの」の科学から「こと」の科学へ 池田清彦
マルジャーナの知恵 岩井克人
◇〈いま〉を読む 3 なぜ私たちは労働するのか 内田樹
4 夢は何語で見る? 多和田葉子
 ◇読解から表現へ2 課題型小論文
七 評論(三) グローバリゼーションの光と影 小熊英二
人として共感できるもの 橋本治
想像し物語ること 大江健三郎 
八 小説(三) 富嶽百景 太宰治
夢十夜 夏目漱石 
 ◎文学の扉 甘党 漱石
九 評論(四) 情報の「メタ」化 外山滋比古
見る―考える 大森荘蔵
美を求める心 小林秀雄
 ■現代評論を読むために

 ■読書の扉

【表現編】

 

1 スピーチをする――対話型スピーチ
2 話し合いをする――ビブリオバトル
3 プレゼンテーションをする――五枚のフリップを使って
4 ディベートをする――マイクロディベート
5 随筆を書く――一枚の写真から
6 手紙を書く――依頼の手紙
7 レポートを書く――見取り図をもとにして
8 意見文を書く――新聞投書
9 情報を読む――統計資料の読み方・扱い方

10 広告を読む――実用的な文章
□付録 常用漢字表
近現代文学史年表
ないものあります クラフト・エヴィング商會

『高等学校 国語総合 古典編[改訂版]』 目次    

☆古典の響き

【古文編】

   ◆古典の響き
   ◆古典を読むということ 竹西寛子
一 説話

児のそら寝(宇治拾遺物語)
絵仏師良秀(宇治拾遺物語)
大江山(十訓抄)
◇文法から解釈へ① 用言

二 物語

竹取物語
かぐや姫の生い立ち/かぐや姫の成長
伊勢物語
芥川/東下り/筒井筒/梓弓/さらぬ別れ

 ◇文法から解釈へ② 助動詞
◎古典の扉 平安時代の成人と結婚

三 随筆

徒然草 兼好法師
つれづれなるままに〈参考〉/ある人、弓射ることを習ふに
丹波に出雲といふ所あり/亀山殿の御池に/名を聞くより
友とするにわろき者/九月二十日のころ/花は盛りに
◇文法から解釈へ③ 助詞
◎古典の扉 古典の四季・美意識

四 日記

土佐日記 紀貫之
門出/忘れ貝/帰京
◎古典の扉 月と暦

五 軍記

平家物語
祇園精舎/木曾の最期

 ◇文法から解釈へ④ 敬語
◎古典の扉 軍記物語における装束描写

六 和歌

万葉集・古今和歌集・新古今和歌集
◎古典の扉 和歌――つながろうとする言葉

七 紀行

奥の細道 松尾芭蕉
旅立ち/那須野/白河/立石寺
◎古典の扉 古典における「旅」

八 評論

俊頼髄脳 源俊頼

 山吹の花
無名抄 鴨長明

 ますほの穂

うひ山ぶみ 本居宣長

 ◇文法から解釈へ⑤ 文字一つの返し

【漢文編】

一 漢文入門

漢文の世界へ
漢文の構造と訓読の仕方
成句・格言を読む

 ◆置き字と再読文字
◎古典の扉 身近にある漢文

二 故事成語

借虎威(戦国策)
蛇足(戦国策)
漁父之利(戦国策)
朝三暮四(列子)

管鮑之交(十八史略)

三 漢詩

春暁 孟浩然
登鸛鵲楼 王之渙
静夜思 李白
江雪 柳宗元
送元二使安西 王維
江南春 杜牧
涼州詞 王翰
春望 杜甫
臨洞庭 孟浩然
香炉峰下、新卜山居、草堂初成、偶題東壁 白居易
登高 杜甫

 ◆漢詩の表現

四 史話

先従隗始(十八史略)
臥薪嘗胆(十八史略)

晏子之御(史記)
鶏鳴狗盗(史記) 

 ◎古典の扉 歴史を記録する

五 思想

論語・孟子
◎古典の扉 孔子と門人

六 文章 

雑説 韓愈

七 小説

桃花源記 陶潜
◎古典の扉 読み継がれる「小説」

□付録 古文を読むために
歴史的仮名遣い/五十音図・いろは歌/古語と現代語
品詞分類/用言と活用形/動詞/省略
形容詞/形容動詞/係り結び/仮定条件と確定条件
助動詞/助詞/敬語/和歌の修辞
古典文法要覧
古典文学史年表
漢文の基本形式
漢文参考略年表

□資料

旧国名・都道府県名対照図
京都付近地図ほか/平安京条坊図ほか
装束/住居・調度/陰暦/古時刻・古方位/十干と十二支
中国参考地図

『高等学校 国語総合[改訂版]』編集委員(所属は、2016年3月現在)

中洌正堯 兵庫教育大学名誉教授
岩﨑昇一 東京都立国際高等学校
赤井益久 國學院大學
阿部公彦 東京大学
安藤延明

高槻中学校・高等学校

石村貴博 専修大学
大島 晃 上智大学名誉教授
大高知児 中央大学附属中学校・高等学校
風間誠史 相模女子大学
小池保則 武蔵高等学校中学校
小島 昇 千葉県立富里高等学校
齋藤 祐 中央大学杉並高等学校
澤口哲弥 三重県立津西高等学校
下山大介 駒場東邦中学校・高等学校
杉山志津恵 公文国際学園中等部・高等部
髙野光男 東京都立産業技術高等専門学校
瀧 康秀

清泉女学院中学高等学校

田口かおる 東京都立豊多摩高等学校
田中尚子 愛媛大学
戸塚 学 常葉大学
長尾直茂 上智大学
中村ともえ 静岡大学
奈良部真樹子 千葉県立船橋芝山高等学校
早川香世 東京都立深川高等学校
福家俊幸 早稲田大学
細谷敦仁 東京都立八王子東高等学校
松下愛理 東京都立上野高等学校
宮岡良成 会津大学
宮川健郎 武蔵野大学
安田正典 名古屋市立富田高等学校
柳 宣宏 湘南白百合学園中学校・高等学校

表紙・本文デザイン 吉田篤弘・吉田浩美[クラフト・エヴィング商會]