『小学生の国語』基本情報
『小学生の国語』のつくり

  • 年間を通じて1冊の教科書で学習することにより、教材・学期・学年など、あらゆる段階における学習の見通しと振り返りを可能にしました。
  • 学習指導要領に示されたすべての指導事項・言語活動例は、『小学生の国語』で全て対応しています。そのため、授業時数は、『小学生の国語』のみで配当しています。
  • およそひと月に1本ずつ中心教材を配置し、子どもたちの日常生活や学校生活に即した教材配列を重視しました
  • 一教材一領域にねらいを焦点化し、子どもたちが明確な目標をもって学習に取り組めるようにしました。

※画像をクリックすると拡大します。

● 一年間の見通し

目次のあとに、教材のねらいを領域ごとに示しました。一年間の見通しをもって学習を進めることができます。

● はじまり

各学年とも、声を出すことと、読書生活を広げることから国語学習が始まります。

● 学年のまとめ

「書くこと」で自分を振り返り、一年間の学習をしめくくります。

● 漢字学習

学年配当漢字と前学年配当漢字の教材を、定期的に配置しました。年間を通して、偏りなく見通しをもった漢字学習ができます。

● 年間を通した振り返り

巻末に、各教材の「覚えておきましょう」で示した国語の知識や技能をまとめました。一年間で学習したことを振り返ったり、確かめたりすることができます。