『小学生の書写』基本情報 第5・6学年の特色

考え、判断しながら書くことで、場面に応じた書写技能の「運用能力」をはぐくむことができます。

考え、判断しながら書く

学習活動を提示するにあたり、単に書くというのではなく、適切な書き方を考えて書くということを重視しました。 「考える → 硬筆で書く → 毛筆で書く → 振り返る」 という学習過程の中で、学びのポイントが確実に身につくよう、教材を構成しています。

※画像をクリックすると拡大表示します。

多彩な書字場面

日常生活の中でのさまざまな書字場面を取り上げて教材化しました。それぞれの場面で、それまでに学んできた書写の技能を運用することを通して、「生きる力」としての書写能力を確かなものとしていきます。

「!」アイコン 理解を深める資料

6年の巻末には「資料」を設定し,書写の技能を整理して示しました。学習の中で適宜参照することで, 理解をより深めることができます。

※画像をクリックすると拡大表示します。